切り替えてお得な新電力会社を調査 » 新電力会社15社を3つのお得で比較しました » エネット

エネット

エネットはNTTアノードエナジーや東京ガス、大阪ガスが出資する新電力会社のことよ。「Energy+Network」の頭文字をとって『Ennet』というわけね!全国200ヶ所以上の電源を活用しており規模が拡大しているそうよ。電気の使用状況が見える化できる標準サービスが無料で利用できたり、AIを活用して電力データを自動で分析し、問題点を抽出してくれるサービスも注目。エネットは、オフィスビルや病院、学校、自治体庁舎など約22,000件に電力供給実績があるのよ。

エネットはこんな人におすすめ!

  • 再生可能エネルギーを活用しCO2排出を抑制したい企業
  • 電気料金の節約を適切に行いたい企業

エネットの特徴

1:ICTを活用した付加価値サービスで省エネ活動をサポート

エネットは、ICT(情報通信技術)を活用し、たとえば電気使用状況をWEB上で見える化し、電気使用量や電気代をすぐに確認できるわ。それだけでなく、事前に設定した値を超過した場合には通知で知らせてくれるのもありがたいわね。これらの電気利用状況の見える化サービスは「info Ennet」と呼ばれ標準サービスとして無料で使用できるわ。

2:CO2排出量低減メニューを完備

エネットは、FIT電気や再エネ電気、天然ガス等の電気を活用し、CO2削減を目指す企業をサポートできる料金プランを完備しているわ。たとえば提供メニューの1つ「EnneGreen10」では、FIT電気+非化石証書(証書化された環境価値)、100%再生可能エネルギー電気(非FIT)、通常メニュー電気+Jクレジット(再エネ)等の手段を用いて、実質100%再生エネルギーを達成するメニューが充実しているわ。

他にもお客様のご要望に応じてCO2排出係数を調整したEnneGreen MIXと呼ばれる提供メニューも用意されているのよCO2の排出量を段階的に減らしたい企業向けのメニューだから、低炭素社会の実現に向けて、新電力会社を検討している企業にとって魅力的な選択肢になるわね。

3:AIを活用して効率的な省エネをサポート

エネットでは、お客様の電力データを自動で収集し、AIを活用することで、データを解析できるサービスを提供しているわ。これにより、電力データと気象条件に基づき、お客様施設ごとの課題を抽出し定期レポートでの確認もできるのよ。定期レポートでは、今後どのような対応を取れば余計な電力を削減できるのかもアドバイスしてくれるから、省エネをより加速させたい企業にもおすすめね。

エネットの料金表

基本料金

一律 該当データなし

従量料金

最初の15kWhまで 該当データなし
15kWhを超え120kWhまで 該当データなし
120kWhを超え300kWhまで 該当データなし
300kWh超〜 該当データなし

ポイント加算やキャンペーンはあるの?

現在、ポイントや加算キャンペーンについては記載がございません。

エネットの口コミ

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?