切り替えてお得な新電力会社を調査 » 新電力会社15社を3つのお得で比較しました » @niftyでんき

@niftyでんき

様々な事業を展開するniftyの@niftyでんき。詳しく調べると、でんきとネットとスマホをまとめるプランもあるみたい。

今回は、「関東エリアB」について紹介していくわ。

@niftyでんきはこんな人におすすめ!

  • @niftyのスマホやネットをすでに利用している
  • ネットもガスもまとめたい

@niftyでんきの特徴

1:スマホもネットも電気も一本化

@niftyIDを持っている人だけが加入できるサービスよ。ネットやスマホなど、セット割りが適用されてお安くなるわ。@niftyユーザーだったら、入らないと損よね。

2:まとめて支払い

@niftyサービスについての請求は、すべてまとめてくるわ。あれはこの日だなんて毎月バラバラに管理・把握する手間なしで、家計管理も楽ね。

3:契約期間も違約金もなし

契約期間も違約金もかからないから、ネットやスマホの解約など、@niftyサービスから離れる際に気軽ね。

niftyでんきの欠点

30A以上でなければ割高になることもある

niftyでんきの料金システムは、「10Aごとの基本料金+従量料金」。東京電力に比べて、従量料金は少し割安だけど、逆に基本料金は20A以下の人は割高になってしまうわ。基本的には、30A以上の契約の人が検討する新電力会社って感じかもね。

単身者とか夫婦共働きの世帯とか、電力の使用量が少ない人がniftyでんきの契約を検討するときには、現状の契約状態を確認してみる必要があるわ。20A以下の契約の人がniftyでんきの契約をすると、月々の電気料金が高くなる可能性があることを、よく覚えておいて。

月額250円(税抜)の@nifty ID利用料が必要になる

新電力に限らず、色んなniftyのサービスを利用するときには「@nifty ID」というものを取得しなければならないの。この「@nifty ID」を取得すると、月額250円(税抜)の利用料がかかるので、理解のうえで新電力も契約したほうがいいわよ。

しかもこの「@nifty ID」は、新電力を解約しても自動的に解約されるものじゃないわ。つまり、新電力を解約してきれいサッパリにniftyにサヨナラを告げたつもりでも、別で「@nifty ID」の解約手続きを完了させなければ、永遠にID利用料がかかり続ける、って仕組み。これ、niftyのちょっと面倒なところだから、初めから承知しておいてね。

解約手続きを完了させるまでが面等

niftyでんきの申込みはwebからできるんだけど、解約は電話だけ。解約を申し出るときには「@nifty ID」を伝える必要があるから、二度手間にならないよう、事前に準備しておいてね。

ただ、niftyに限らずネット系やスマホ系の会社に多い現象だけど、電話してもなかなか担当者に繋がらないそうなのよ…。口コミでも、「何度かけても解約の担当者まで繋がらない」「いくら待っても、混んでますって自動音声ばかり」って声が、すごく多いわ。根気よく電話をかけ続けなければならないことは、覚悟しておいたほうがいいわよ。

あと、くり返すけど別途で「@nifty ID」の解約をすることも忘れないでね。

niftyでんきの最新ニュース

niftyでんきの公式HPを見てみたんだけど、2021年2月23日現在では、特にニュースがなかったわ。あえて最新ニュースを挙げれば、2020年5月7日に発表された「サービス名変更とサポート窓口移管」について。あまり興味ないわよね。

ちなみに、今はやってないけど、時々お得なキャンペーンをやってるみたいなので、公式HPは随時確認しておいたほうがいいわよ。

@niftyでんき「関東エリアB」の料金表(関東地方)

基本料金

10Aにつき 286.00円

従量料金

最初の120kWhまで 19.88円
120kWh~300kWhまで 25.41円
300kWh超過分 26.40円

ポイント加算やキャンペーンはあるの?

電気・ネット・スマホをまとめた「まるっと割」があるわ。「でんき+ネット割」「でんき+スマホ割」「でんき+ネット+スマホ割」と、利用状況に応じて一つだけ適用されるようね。

ただし、対象外になる場合もあるから注意が必要よ。例えば、「@nifty with ドコモ光」や「従量コース」では「でんき+ネット割」は適用外になるわ。

当然、@niftyでんきを解約すれば、たとえ他のサービスを利用していても「まるっと割」は解除されるから気を付けてね。

@niftyでんき「関東エリアB」の口コミ

@niftyでんきの口コミ総評

niftyでんきの場合は、ネットやスマホもniftyにまとめることができればメリットもあるみたい。niftyでんき単体の加入では電気料金を抑えにくい側面もあるようだから、ネットやスマホの切り替えもまとめてniftyにするのがおすすめのようね。

ニフティでんきの申し込み方法が知りたい!

申し込み方法はとっても簡単。すでに@nifty光、@nifty光 プロバイダーコースや、@nifty WiMAXなどのサービスを利用している方はIDとパスワードを入力し、専用ページから申し込み。

利用していない方は新規申し込みになるわ。ここではWEBからの新規申し込み方法について解説するわね。

必要事項の入力

専用ケージから契約情報について入力をしていきましょう。申込種別や、電力会社エリア、料金メニューなどを選択する必要があるの。

規約の確認

かなり細かいけれど、規約には重要なことが書かれているからきちんと確認しておいてね。特に問題がなければ同意にチェックをつけて先に進みましょう。

申し込み情報の入力

契約者に関する情報を入力していくわ。使用開始希望日や契約者名、契約者住所などの入力を進めていくだけよ。

確認と完了

すべて入力が完了したら申し込み内容を確認してね。申し込み内容が間違えていると契約が完了しないから注意が必要。間違いなければ送信して完了よ。

ニフティでんきを解約するには?

他社への乗り換えなら連絡は不要

他社の電気サービスに移りたいと思っている場合、特に@niftyに連絡をする必要はないわ。自動解約になるから安心ね。ただ気をつけておかなければならないのが、移行先電力会社のメニューが東京電力 旧プランだった場合には@niftyのカスタマーサービスデスクに連絡をしなければならないの。

この電話では転移移行先が東京電力 旧プランだと伝えてね。わからない事があったら担当者に聞けば詳しく教えてもらえるはずよ。

引越しなどによる解約

引越しなどを理由に解約をする場合、こちらは@niftyへの連絡が必要になってくるわ。 @niftyカスタマーサービスデスクに電話して連絡するのも良いし、問い合わせフォームでも「@niftyでんき 解約に関するお問い合わせ」という項目が用意されているから、どちらから連絡してもOKよ。

また、ニフティでんきを解約したからといって@nifty IDも解約されるわけではないわ。 こちらは別途解約する必要があるから注意してね。

ニフティでんきの最新ニュース

現在@niftyで契約をしているなら、お得なキャンペーンの対象になるわ。
毎月最大1,000円×6ヶ月割引というものが用意されているの。

何をどれくらいまとめるかによってお得具合は変わってくるから、自分の場合はどうなるかチェックしてみてね。

また、2018年11月30日までは電気代節約キャンペーンとして専用ページからWEBまたはお電話にて@niftyでんきへ申し込みをすると@niftyでんきの月額費用から、6カ月間750円割引されるキャンペーンも行われているわよ。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?