切り替えてお得な新電力会社を調査 » 新電力会社15社を3つのお得で比較しました » サニックスでんき

サニックスでんき

サニックスでんきは、福岡県福岡市に拠点を置き、太陽光発電整備等の事業を展開する株式会社サニックスの新電力サービス。

電力の供給は平成27年10月からだけど、会社の創業は昭和50年と、企業としての歴史が長い安定した会社であることがわかるわ。

多くの新電力会社が自社の発電所をもっていないなか、サニックスは北海道苫小牧に火力発電所を所有し、そこで発電した電力を一部供給しているの。

また、発電所からの電力だけではなく、自社の別事業である太陽光発電で発電した電力も消費者に供給しているわ。

環境にやさしい電力であることと、利用者にできるだけ安く電気を使ってもらえるように考えられたプランが魅力的よ。

サニックスでんきはこんな人におすすめ!

  • 電力使用量が多く電気代が高い
  • ペットを飼っている
  • 小さい子供や高齢の家族がいる
  • ポイントや特典など複雑なプランは苦手

サニックスでんきの特徴

1:電気を使えば使うほどお得になる

サニックスでんき「サニックステラセーバー」の大きな特徴は、電気を使えば使うほど料金がお得になるということ。当サイト調べだけど、毎月500kWh以上の電気を使うお家なら、サニックスでんきが安くなるという結果もでているわ。

2:最大限に電力料金を抑える努力

なぜサニックスでんきは、ここまで電力料金を安くできるのかしら?まずひとつに、複雑なポイント付与のプランやキャンペーンなどを行わないことで、そこに割くコストを削減し、削減できた分を電力料金の割り引きに充てているの。サニックスでんきのシンプルなプランは、電気代を安くすることに注力した結果ね。また、サニックスの社員が電力の仕入れから販売、アフターケアまで一貫してサポートを行っているから、仲介マージンが発生しないそうよ。同じ会社による一貫した対応は、利用者からしても安心できるわね。

3:環境に配慮したやさしい電力の供給と停電リスクの回避

サニックスでんきでは、自社の太陽光発電所で発電した電力と、廃プラスチックリサイクル発電を行う火力発電所の電力も供給しているわ。大手電力会社から供給される電力を消費者へ提供するだけではなく、環境に配慮した仕組みと自社所有の発電所からも電力を供給している点が魅力的ね。万が一停電が起きても、地域電力会社とのバックアップ契約を結んでいることから、消費者への送電が停止することはないわ。

サニックスでんき「サニックステラセーバー」の料金表(関東地方)

サニックスでんきの料金について、関東・中国・四国・九州エリアを対象にスタートした新プラン「サニックステラセーバー」をメインに紹介していくわね。

※関西・中部地方は、現状「ここまで定額プラン」のみとなります。

基本料金

10A~50A 929.5円
60A 1,115.4円

従量料金

1~500kWhまで1kWhにつき 23.22円
501kWh~1kWhにつき 24.24円

家族4人でのシミュレーション

4人家族の一般的な消費電量でシミュレーションをすると、下記のようになります。
※40Aで500kWh以上の電力を使用した場合

プラン名 電気料金
サニックステラセーバー 14,044円

ポイント加算やキャンペーンはあるの?

ポイント付与やキャンペーンは実施にコストがかかるから、できるだけ電力を安く提供したいと考えるサニックスでは、そういったオプションは用意していないわ。

ポイント好きには不向きだけど、サニックスでんきはとことん電気代を安くすることにこだわっているから、単純に電気代を安くしたい!という方に特におすすめしたい新電力会社よ。

関西地方と中部地方のみ対象の「ここまで定額プラン」は、「新規切替キャンペーン」としてプラン加入月に4,000円(税込)の割引が。

サニックスでんき「サニックステラセーバー」の口コミ

まだ新しい電力プランだから、口コミが見当たらなかったわ。

サニックスでんきの申し込み方法が知りたい!

シミュレーションでお得になるかチェック

サニックスでんきの公式サイトでは電気料金シミュレーションができるわ。住んでいる都道府県や今契約している電力会社、電気代などを入力すると、サニックスでんきと契約した場合にどれくらいお得になるかを出してくれるの。必ず安くなるってわけじゃないから、ちゃんとした計算をしているみたいね。まずはシミュレーションしてみて。

メールアドレスを登録

シミュレーションの結果に納得したら、結果ページの「切り替えお申込みはこちら」から会員登録するわ。登録したメールアドレスに自動で返信メールがくるから、書いてあるURLをクリック。電話では申し込みできないから、必ず公式サイトから申し込みしてね。

会員登録

現在契約している電力会社の請求書(検針票)を正確に入力してね。間違った内容を入力してしまうと、サニックスでんきに切り替えできなくなっちゃうみたいだから気を付けて。証明書を発行したり印鑑を押したりする書類はないから楽ちんね。

以前の電力会社を解約してくれる

サニックスでんきが今まで契約していた電力会社の解約手続きをしてくれるわ。新電力に替わるときに停電はしないから安心よ。無事に解約できたら、サニックスでんきから供給開始日のメールがくるわ。

サニックスでんきを解約するには?

手続きなしで解約OK

他の電気事業者へ切り替えするときでも、サニックスでんきに何か伝える必要はないわ。新電力会社が解約の手続きをしてくれるはずだから、切り替え先の会社に依頼してね。「解約の連絡をするのが面倒だから…」とお得になる機会を逃してしまうのは嫌よね。手続きなしにパッと切り替えができるのはチェックして欲しいポイントよ。

違約金はなし

契約期間は、供給開始日から1年毎に自動更新されるわ。もし契約期間内に解約しても違約金は発生しないから、いつでも切り替えられるのが嬉しいわね。でもキャンペーン価格で契約したとき1年未満で解約する場合は、割引額を返金するから注意してね。キャンペーンで契約したら1年間は切り替えないのがベストよ。

【2019.06更新】サニックスでんきの最新ニュース

2018年秋「サニックスでんきに新プラン登場」

「ペットのために1日中エアコンをつけている」「家でパソコンを使う仕事をしている」という方は、1日の消費量が多くて電気代に困っているんじゃないかしら。サニックスでんきではそんな方にぴったりの新プラン「サニックステラセーバー」をはじめたわ。

例えば、東京電力の従量電灯B40Aプランで毎月450kWh利用している一戸建ての方は、年間19,950円も削減されるわよ。エリアによっては初回請求額から割引してくれるキャンペーンも実施しているから、自分がキャンペーンの対象エリアなのか電気料金シミュレーションで調べてみてね。

エリア毎のプラン紹介

各エリアで展開されているサニックスでんきのプランを紹介するわ。

サニックスでんき「ここまで定額プラン(中部)」

基本料金

基本料金 126.5円
(例)50Aの場合 632.5円
(例)60Aの場合 759円

従量料金

1~300kWhまで 7,822.22円
301kWhから1kWhにつき 26.07円

サニックスでんき「サニックステラセーバー(中国)」

基本料金

1契約につき 132円

従量料金

1kWhあたり 22.92円

サニックステラセーバー(四国)

一戸建て、4人家族で四国電力に契約している平均的な消費電気量450kWhと比較すると、なんと年間で18,500円も削減することができるそうよ。

基本料金

1契約につき 176.0円

従量料金

1kWhあたり 22.9円

サニックスでんき「サニックステラセーバー(九州)」

基本料金

10~50A 715円
60A 858円

従量料金

1~500kWhまで1kWhあたり 20.4円
501kWh以上1kWhあたり 21.4円

基本料金

サニックスでんき「ブルース応援プラン(九州)」

基本料金

10Aごと 282.2円
(例)50Aの場合 1,410.8円
(例)60Aの場合 1,692.9円

従量料金

~120kWh 17.5円
120~300kWh 23.1円
300kWh~ 25.0円

ここまで定額プラン(関西)

新規切り替えキャンペーンが関西エリアでは展開されているわ。他社からの乗り換えで、初回請求金額から4,000円も割引されるみたい。

一般的な4人家族、一戸建てで関西電力と契約している場合、毎月450khw利用していると「ここまで低額プラン」と比較したときに20,872円も安くなるらしいわ。

基本料金

基本料金 なし

従量料金

1~300kWhまで 7,027.8円
301~1kWhにつき 22.5円
    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?