切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ!

【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ!

元々、東京電力が電力の独占販売を行っていた関東エリアだけど、電力自由化以降、様々な新電力会社が参入してきたわ。

関東エリアで電力供給を行っているおすすめ新電力会社を、料金の安さや解約金がないなどニーズ別に調べてみたの。新電力会社選びの参考にしてほしいわ。

関東エリアで電気代を抑えられるおすすめ新電力会社は?

関東地方

サニックスでんき

おすすめプラン名:サニックステラセーバー

東京電力エリアに住んでいて、一日の電気消費量が多い人におすすめなのが「サニックステラセーバー(関東)」というプランよ。

ペットを飼っている、お年寄りと一緒に住んでいる、小さな子どもがいる、在宅仕事をしているなど、電気の使用頻度が多い家庭におすすめ。

とくに、毎月の電力使用量が500kWhを超える人にとっては、お得なプランになっているわ。

サニックステラセーバーの料金表

基本料金

10A~50A 912.6円
60A 1095.12円

従量料金

1~500kWhまで1kWhにつき 22.8円
501kWh~1kWhにつき 23.8円

サニックスでんきの口コミ

でんでん

一部の人達の間ではちょっと有名な新電力会社です。東京電力と比較すると、380kWhから損益が逆転します。もちろんサニックスでんきに変更しました。

サニックスでんきのポイントや特典は?

なし※エリアによる

サニックスでんきへのお問い合わせ情報

電話番号:0120-689-679(月〜金 9:00〜17:00、 土・日・祝日休み)

エルピオでんき

おすすめプラン名:プレミアムプランA300

エルピオでんきには、ポイントや豪華特典といったものはないの。それにくわえて、広告費用を極限まで抑えているから、電気代に無駄な費用を上乗せすることもないわ。

難しい特典を取り払って無駄なコストをカットすることで、電気をシンプルに使えるサービスを生み出しているわ。

プレミアムプランA300の料金表

基本料金

30A 826円
40A 1,101円
50A 1,362円
60A 1,634円

従量料金

最初の300kWhまで 6,269円
300kWhを超えて1kWhにつき 28.52円

エルピオでんきの口コミ

でんでん

こちらの会社に切り替えてしばらく経ちます。昔に比べて、単純に電気代が安くなったのが実感できました。独自のポイント制度などが苦手な分、使った電気の安さがストレートにわかるのが一番です。

エルピオでんきのポイントや特典は?

なし

エルピオでんきへのお問い合わせ情報

電話番号:0120-23-5556(平日9:00〜18:00)

※携帯電話からは0570-02-5556

ピタでん

おすすめプラン名:使った分だけ

一カ月500kWhまでは定額の基本料金だけという「ピタでん使いたい放題」と、基本料金0円・従量課金制の「ピタでん使った分だけ」というシンプルなプランを用意しているわ。

人数が多い家庭でも、少ない家庭でも、どちらも納得できるプランになっているわね。

使った分だけの料金表

基本料金

1契約につき 0円

従量料金

1kwhにつき 25.25円

ピタでんの口コミ

でんでん

ピタでんは2つのプランだけ。うちは子どもが二人に犬が二匹で、使い放題プランにすればいい、とすぐに決めることができました。

ピタでんのポイントや特典は?

なし

ピタでんへのお問い合わせ情報

電話番号:0570-019-500(平日9:00~18:00)

電気代が安くなる
新電力会社をまとめたわ

関東エリアでガソリンが安くなるおすすめ新電力会社は?

ガソリン代

ENEOSでんき

エネオスのブランドを持つJXTGエネルギーは、自社製油所にある自家発電設備の運転を通して、発電に関するノウハウを重ねてきたの。

2008年には、川崎天然ガス発電所を新設するほどよ。そして2016年には、家庭用電力販売として「ENEOSでんき」をスタートさせたわ。

割引・特典として特徴なのが、ENEOSカードで電気料金を支払うと、ガソリン・灯油・軽油代のキャッシュバックが受けられるという点ね。最大で、リッター8円の割引が適用されるわ。

昭和シェルの選べる電気

昭和シェルは、暮らしのスタイルに合わせて2つの電気プランを用意しているわ。ガソリン代を重視するなら「ガソリン代が10円/L安くなる電気」がおすすめ。このプランに加入すると、レギュラー/ハイオクともに1Lあたり10円の値引き、軽油は1Lあたり5円の値引きとなるの。

ガソリンの値引きの分、これまでの料金とあまり変わらない場合が多いみたいだけど、電力使用量が600kWhを超える家庭であれば1kWhにつき1円割引されるわ。電気を良く使う家庭なら、使えば使うほど電気代がお得ということね。

関東エリアでネットやスマホの割引があるおすすめ新電力会社は?

おうちでんき

携帯電話やインターネットなど、通信サービスの大手企業であるソフトバンクの新電力事業よ。大きな特徴は、ソフトバンクやワイモバイルのスマホ、インターネットを同時に利用すると、セット割が適用できるというところね。電気代は、セットで利用すると毎月の料金から1%引きよ。

携帯電話やインターネット(ソフトバンク光・ソフトバンクAir)の料金は、1回線ごと月額から100円引きが2年間続くわ。それに、ソフトバンク端末2台がそれぞれ100円引きになるの。

@niftyでんき

インターネットプロバイダの@niftyが提供している新電力サービスよ。インターネット接続サービスを利用している人が@niftyでんきとセットで申し込みをすると、接続料金が毎月最大250円引きになるわ。ニフティの格安スマホである「NifMo」も一緒に利用することで、もっとお得になるみたい。

auでんき

KDDI株式会社が提供する電気小売りサービスよ。auでんきに加入しても電気料金は変わらないのだけど、利用した電気料金の最大5%相当のWALLETポイントを還元する仕組みになっているわ。貯まったポイントはauショップで使えるほか、ポイントが利用できるお店で現金のように使用できるのよ。

ほかにも、アプリを利用することで、使用量をすぐに確認できるサービスもあるわ。上手に活用すれば、スムーズに省エネが実現できるわね。

関東エリアで解約金がかからないおすすめ新電力会社は?

解約金

サニックスでんき

サニックスでんきは契約手数料、解約手数料、解約違約金といったわずらわしい費用請求がないのよ。

公式ホームページには、1年ごとの期間自動更新とあるけれど、解約金が発生しないから、いつでも他の新電力や、元の電力会社に戻すことができるわ。

生活スタイルが変わった、家族が増えた、減ったなどの理由で電気代が変わってしまっても、いつでも変更できるのは嬉しいポイントね。

九電みらいエナジー

九電みらいエナジーは、九州電力グループの会社よ。大手電力会社とつながっているから、電気に関する安心感は心強いわね。

基本プランのほかに、JALマイルが貯まる「JALマイルプラン」と、WAONポイントが貯まる「WAONプラン」も用意しているわ。

ポイント特典が嬉しいプランなのに、解約手数料はなんと0円。違約金もないんですって。

丸紅新電力

日本の総合商社である丸紅が、小売り電力事業者として一般家庭用の電力販売をスタートしたわ。

自社発電所が全国各地にあって、水力発電・太陽光発電・バイオマス発電などの再生可能エネルギーと、天然ガスを使った火力発電所もある、総合商社にふさわしい自社発電施設を所有しているの。

セット割や、キャッシュバック、キャンペーンなどの特典はないようだけど、その分、契約はいつでも解約しやすいように配慮。最低利用期間は設定していないし、契約金もないわ。

関東エリアの電気代って他のエリアに比べて高い?

2015年に経済産業省が「電気料金の水準」(※1)のなかで、「標準家庭における電気料金」をエリア別に発表しているわ。

※1経済産業省公式HP:電気料金の水準[pdf]

北海道電力 7,968円
東北電力 7,380円
東京電力 7,518円
中部電力 7,400円
北陸電力 7,029円
関西電力 8,058円
中国電力 7,575円
四国電力 7,584円
九州電力 7,165円
沖縄電力 8,033円

この結果でみると、関東エリアに電力を供給している東京電力は、5番目に平均的な電気料金が安いことがわかるわ。

新電力会社による電力供給激戦区でもあるから、電気代を節約したい人はどこの新電力会社を選ぶか、じっくり検討する必要がありそうね。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?