切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 神奈川のおすすめ電力会社

神奈川のおすすめ電力会社

神奈川で利用できる電力会社

神奈川県でも選択できる大手の新電力は多く、すでに実績も豊富よ。

もともと東京電力の主要エリアでもあるのだけれど、神奈川県に本社を置く新電力も増えてきているの。

家庭向けはもちろんのこと、事業者向けの実績を積んでいる会社も多いからさまざまな用途で検討できるんじゃないかしら。

新規参入でこの分野に入ってきた会社もとても多いから、選択肢の幅は広いわ。ここでは特にチェックして欲しい新電力について4つご紹介するわね。

ENEOSでんき

テレビCMでもおなじみよね。電力自由についてはいち早くスタートした実績を持っているわ。

一般家庭や契約プランは「Vプラン」。ガソリンスタンドを経営しているENEOSだからこそ、ガソリンや灯油代が割引になるサービスも見逃せないのよ。

ENEOSでんきの料金プラン

関東エリアのENEOSでんきは、東京Vプランのみを取り扱っているの。シンプルで分かりやすいのが魅力のひとつね。電気料金は基本料金、従量料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金の4つの組み合わせで決まるわ。オプションメニューの「にねんとく2割」を契約していれば、電気料金がさらにお得になりそうね。

東京Vプランは、電気の使用量が多いほどお得になるのが特徴よ。東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bと比較すると、一人暮らしで月間200kWh使用した場合、年間約2,340円お得になるの。4人家族で月間400kWh使用した場合は、年間約10,370円の節約になるわ。

ENEOSでんきは全国にサービスを展開しているから、関東エリア以外に引っ越した場合でもサービスを継続できるのもポイントよ。長く使い続けたい方は、検討してみる価値がありそうね。

ENEOSでんきの口コミ

ENEOSでんきの会社情報

@niftyでんき

インターネットプロバイダとしての実績が豊富な@nifty。しかも嬉しいことに、ネットとスマホをまとめるプランも用意されているから、それぞれの料金を総合的に抑えることができるの。

契約期間も違約金もないのが特徴ね。

@niftyでんきプランの料金プラン

関東エリアBは、基本料金と従量料金の組み合わせで電気料金を決めているわ。基本料金は10Aにつき286円だから、40Aの契約なら1,144円ね。従量料金は最初の120kWhまでが19.88円/kWh、120kWhから300kWhまでが25.41円、300kWhを越えた分は26.40円で計算されるの。

東京電力の従量電灯B 40Aで月間350kWh使用した場合と比べると、東京電力では月額9,824円、ニフティでは9,423円よ。少しの差額だけれど、年間ならニフティのほうが4,812円もお得になるの。

ただし関東エリアBを利用できるのは、ニフティ会員の方だけみたい。ニフティの高速モバイル通信や光ファイバー、ADSLを使用しているのであれば検討してみてもいいわね。

※@niftyでんきは2020年6月1日にニフティ会員特別でんきプランに名称が変更されました。

@niftyでんきの口コミ

@niftyでんきの会社情報

九電みらいエナジー

関東エリアで電力の供給を行なっている会社よ。九州電力グループということもあり、安心できるわね。

プランによってはJALマイルやWAONポイントも貯まるから、これらのポイントを貯めたいと思っている人もチェックしてみてはどうかしら。

九電みらいエナジーの料金プラン

九電みらいエナジーは、5つのプランを用意しているわ。5つから電気料金が最もお得なものを選ぶなら基本プランね。家族の人数に合わせてSMLの3種類を選べて、使用量が大きくなるほど基本料金と従量料金が安くなるの。

電気の使用に合わせてポイントも貯めたい方には、ポイント加算のある3つのプランが適しているようね。dポイントプランでは電気代100円で2ポイント、JALマイルプランでは電気代100円で1マイル、WAONプランでは電気代100円で2ポイントが還元されるわ。

オール電化住宅がお得になる、Nプランも用意されているのも特徴ね。Nプランでは東京電力のプランと比べて23:00~1:00と6:00~7:00で8.08円/kWhお得に。1:00~6:00で0.06円/kWhお得になるの。ポイントの貯まる3つのプランと複合できるから、電気をさらにお得に利用できるわ。

九電みらいエナジーの口コミ

九電みらいエナジーの会社情報

サニックスでんき

電力の消費量が多ければ多いほどお得になるプランがサニックスでんきの大きな特徴のひとつといえるわね。家族の数が多かったり、在宅で仕事をすることが多いという人、それから、ペットを飼っていて、夏場や冬場の日中は、冷暖房をつけっぱなしにしておくという人には、とくにおすすめよ。自社所有の太陽光発電所や、廃プラスチックリサイクル発電所からも電力を供給しているから、より環境に優しいエネルギーを選ぶことができるというのも、サニックスでんきの大きな魅力のひとつね。

サニックスでんきの料金プラン

サニックスでんきでは、2種類のプランが用意されているの。基本的にはサニックステラセーバーSを選択しておけば、今よりお得に電気を利用できるんじゃないかしら。

サニックステラセーバーSの電気料金は、基本料金と従量料金で決まる仕組みなの。基本料金は契約アンペアごとに10~40Aは743.6円、50Aは929.5円、60Aは1,115.4円に区分されているわね。従量料金は1kWhあたり23.22円と決まっているからシンプルで分かりやすいわね。

ブルースファンクラブプランは、宗像サニックスブルースを応援する方のためのプランね。ブルースファンクラブプランとファンクラブの両方に加入すると、ファンクラブの年会費が無料になるのよ。すでにファンクラブに加入している方は、年会費相当額のQUOカードのプレゼントがあるから損をすることはないわ。

サニックスでんきの口コミ

サニックスでんきの会社情報

リミックスでんき

リミックスでんきは東証二部上場の企業だから、安心感があるわね。電力の供給実績も1,000件を超えているし、実績としては申し分な員じゃないかしら。電力会社でありながらIT分野を取り入れていて、料金の割引だけでなく仮想通貨による還元を受けられるのもポイントよ。

リミックス電気の料金プラン

リミックスでんきでは、電気代割引プランと仮想通貨付与プランの2種類が用意されているわ。一般的には電気代割引プランを選択する方のほうが多そうね。

電気代割引プランでは東京電力の料金プランと比べて、5%割引でお得に電気が使えるの。例えば東京電力の従量電灯B 50Aで月の使用量が450kWhの場合、東京電力では12,753円、リミックスでんきでは12,107円になるわ。電気使用量が多い方なら、5%の割引でも大きな差額になりそうね。

仮想通貨付与プランは電気代割引プランのように、電気料金が安くなることはないの。ただし、電気代の5%相当額を仮想通貨の付与によって還元してくれるのが特徴よ。時代の流れに乗っているし、仮想通貨の取引を行う方にとっては大きなメリットよね。

リミックスでんきを契約する場合、ほとんどの方は電気代割引プランを選ぶんじゃないかしら。電気代の5%相当額を仮想通貨で還元するのは新しい試みね。仮想通貨に興味がある方は、還元を利用して取引を始めるのも良いんじゃないかしら。

リミックスでんきの口コミ

リミックスでんきの会社情報

湘南電力

神奈川県民なら湘南電力はチェックして損はないわよ。湘南地域の「電力の地産地消」をコンセプトにしている点がユニークね。再生可能エネルギーを活用しているから、環境へ高い意識を持っている方にもぴったりな電力会社といえるわ。

湘南電力の1年間の電気料金

東京電力エナジーパートナー社の重力電灯BやCや動力と比較しても割り安になるのが特徴よ。たとえば40Aで年間4,900kwh使用しているご家庭なら、4,300円お得になるわ。

湘南電力の料金プラン

【選べる地域応援プラン】

一般家庭向けの電気料金の一例をご紹介するわ。でんき消灯Bなんだけど、一番低い契約電流10Aで基本料金は286.00円。一番高い契約電流60Aで1664.51円よ。電力料金は10Aから、60Aまで共通していて、1kWhあたり最初の120kwhまで19.67円、121kWh~300kWhまでが25.68円、300kWh超過が29.03円で共通しているわ。

湘南電力の会社情報

関東の電力会社比較を見る

神奈川の電力事情

神奈川県が東京都に次いで2番目の人口を誇っていることでも知られているわ。その関係もあって全国的にみても電力の総消費量は多いの。

工業地帯もあるし、製造業も盛んよね。過ごしやすいエリアだし、実際に住んでいる人からの評価も高いわ。

ただ、注意しなければならないのが、電気代が高いということ。全国的に見ると普通よりも高いくらいの位置付けだから、新電力を選ぶなどしてできるだけ安く済ませられるように工夫してみてはどうかしら。

それに、電気代だけでなくガス代も高いから、このあたりも注意が必要ね。 電気代とガス代をまとめられるサービスなどを利用すれば、総合的な費用を安く抑えることができるわよ。

気になる年間のエネルギー消費量についてだけれど、最終エネルギー消費は51514(10^6kWh)、そのうち企業・事業所他の消費は34161(10^6kWh)、家庭での利用は17352(10^6kWh)となっているわ。総消費量が多いわりには産業用の消費電力はそこまで高くないわね。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

神奈川の電力お得情報

先述したように、神奈川でできるだけ電気代などを抑えようと思ったら、まとめ割を利用するのがおすすめね。特に、電気代だけでなく、ガス代が高いと感じている人も多いんじゃないかしら。

新電力会社の中には電気のほかにガスやインターネット、スマホなどをまとめて申し込むとお得になるところもあるからチェックしてみてね。

ENEOSでんきでは3月31日まで基本料金が3ヶ月分無料になるキャンペーンをしているし、九電みらいエナジーでも3月31日まで抽選で豪華賞品があたるわ。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?