切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 東京のおすすめ電力会社

東京のおすすめ電力会社

東京で利用できる電力会社

もともと、電力の自由化が行なわれる前までには、東京電力が発電や送電、配電といったものを一貫して行っていたの。でも、2016年の4月に小売全面自由化が行なわれてからはさまざまな企業が参入し、多種多様なサービスを見せているわ。

しかも、多くの新電力会社は東京電力の従量電灯プランに比べると安く設定されているのが特徴よ。東京エリアは特にたくさんの新電力があるからどこを選べば良いのかわからず、悩んでしまう人もいるはず。

そこで、特におすすめの3社についてピックアップしてみたからぜひ参考にしてみて。

ピタでん

どちらかというと、あまり日中は家にいない人におすすめよ。
プランは、使い放題と使った分だけ支払う2つが用意されているの。
電力の供給を行なっているのは実績の高い業者ということもあり、信頼度も高いわ。

ピタでんの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 14,103円/年間

ピタでんの料金プランは、「使いたい放題プラン」と「使った分だけプラン」の2つよ。
「使いたい放題プラン」は、1ヶ月500kwhまでなら定額の基本料金だけで利用可能。まあまあ電気は使うほうだけど、でも500kwhを超えることはほとんどない、って家に合ってるわね。ファミリー向けのプランと考えたほうがいいわ。ちなみに500kwhを超えると従量課金が加算される、ってことも覚えておいてね。住んでる場所や実際の電力使用量にもよるけど、大手電力会社と比べると最大で年間62,753円も節約できるわよ。
「使った分だけプラン」は、文字通り、使った分だけの料金が発生するプラン。基本料金はゼロよ。共働きの家とか単身者とか、日中にあまり人がいない家に向いてるプランね。学校・バイト・サークルに熱心な一人暮らしの学生さんにも、このプランが合ってるんじゃないかしら?ちなみに大手電力会社と比べると、年間で最大16,831円も電気代が節約できるわよ。


ENEOSでんき

一般家庭用として用意されているのはVプラン。
大きな特徴は、なんといってもガソリンスタンドを経営しているENEOSによるサービスだということよ。
ENEOSカードで電気料金を支払えばガソリン代などがお得になるのは見逃せないわね。

ENEOSでんきの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 14,430円/年間

ENEOSでんきは、一般家庭向けのプランと事業者向けのプランの2種類を用意しているわ。一般家庭向けのプランが「Vプラン」よ。
「Vプラン」の特徴を簡単に言えば、電気の使用量が多ければ多いほどお得になる、というもの。大手電力会社の年間電気代と比べた場合、たとえば一人暮らしなら2,310円、2~3人家族なら5,470円、4人家族なら10,210円、5人家族なら15,570円がお得になる、ってシミュレーションよ。
ほかの一部の電力会社と違って、携帯とかケーブルテレビとかの抱き合わせ販売じゃないので、気軽に申し込みできそうね。ついでに、契約者がENEOSでガソリンを入れると、1リットルあたり1円引きになるサービスもあるそう。ドライバーには嬉しい特典ね。
ちなみに「Vプラン」の電気供給エリアは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)のみ。それ以外の地域の方は、残念だけど別の電力会社を探してみてね。

エルピオでんき

格安でなおかつシンプルな心電力を探している人に向いているの。特に人気なのが「エルピオでんきの夜プラン」よ。
深夜から朝にかけての時間帯に多くの電力を使用する人は、エルピオでんきの夜プランを選択しておくと安く済むわ。

エルピオでんきの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 134,621円/年間

エルピオでんきは、利用者のライフスタイルや希望に合わせて、本当にたくさんのプランを用意している会社。ホームページで確認できるだけでも、「スタンダードプランS」「スタンダードプランライト30A」「プレミアムプランA」「低圧電力プランL」「深夜お得プラン」など、なんと11種類ものプランを用意してるわよ。
「ウチはどのプランが合ってるのかな?」って悩んじゃうところだけど、安心して。公式HPのシミュレーションに必要な数字を入力すれば、どのプランを契約すれば今よりいくら安くなるのか、ってことを自動計算してくれるわ。入力した数字次第では、今より高くなってしまう、なんて素直なシミュレーションも登場するわよ。
11種類のプランの中で特に注目したいのが「深夜お得プラン」。夜の11時から朝の6時までの電気代が、大手に比べて最大で31%も安くなるプランよ。夜型生活の人とか、シフトなどで生活サイクルが一定ではない人は、「深夜お得プラン」を利用すれば、かなり電気代を節約できるんじゃないかしら?

関東の電力会社比較を見る

東京の電力事情

東京の電力事情としておさえておきたいのは、他の地域に比べるとさまざまな新電力会社が積極的に参入しているということ。

しかも、電力自由化が始まってから比較的早い段階で他社の参入があったことにより、早くからサービスを提供していた会社はそれなりの実績を積んでいるわ。

選択肢が多いのも東京で新電力会社を選ぶ魅力の一つね。ちなみに、2016年度の東京都の最終電力エネルギー消費は90752(10^6kwh)となっているわ。

このうち、 企業・事業所他の利用は64913(10^6kwh)、家庭での利用は25838(10^6kwh)。全国的にみてみると、産業部門と家庭部門、業務他といったものをそれぞれ比べてみると日本でもトップクラスの電力消費量となっているの。

当然ながら、電力の消費量が多ければ多いほど安い電力会社と高い電力会社では料金の差が大きくなってくるわよね。

東京都でできるだけ電気料金を安く済ませたいと思っているのなら、格安の新電力会社を選択する重要性が見えてくるんじゃないかしら。世帯・生活スタイルに合わせたところに加入していると損をしてしまうから注意してね。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

東京の電力お得情報

東京でより効果的に電力にかかる費用を抑えたいと思っているのなら、他のサービスとのセット割引を利用してみるのも効果的なの。

他にも、料金がお得になるキャンペーンを行なっているところがあるわ。例えば、ENEOSでんきでは3月11日まで基本料金が3ヶ月無料になるキャンペーンを行なっているし、エルピオでんきでは4月30日までキャッシュバックが受けられるの。うまく活用してみましょう。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?