切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 東京のおすすめ電力会社

東京のおすすめ電力会社

東京で利用できる電力会社

もともと、電力の自由化が行なわれる前までには、東京電力が発電や送電、配電といったものを一貫して行っていたの。でも、2016年の4月に小売全面自由化が行なわれてからはさまざまな企業が参入し、多種多様なサービスを見せているわ。

しかも、多くの新電力会社は東京電力の従量電灯プランに比べると安く設定されているのが特徴よ。東京エリアは特にたくさんの新電力があるからどこを選べば良いのかわからず、悩んでしまう人もいるはず。

そこで、特におすすめの4社についてピックアップしてみたからぜひ参考にしてみて。

ピタでん

どちらかというと、あまり日中は家にいない人におすすめよ。
プランは、使い放題と使った分だけ支払う2つが用意されているの。
電力の供給を行なっているのは実績の高い業者ということもあり、信頼度も高いわ。

ピタでんの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 14,364円/年間

ピタでんの料金プランは、「使いたい放題プラン」と「使った分だけプラン」の2つよ。
「使いたい放題プラン」は、1ヶ月500kwhまでなら定額の基本料金だけで利用可能。まあまあ電気は使うほうだけど、でも500kwhを超えることはほとんどない、って家に合ってるわね。ファミリー向けのプランと考えたほうがいいわ。ちなみに500kwhを超えると従量課金が加算される、ってことも覚えておいてね。住んでる場所や実際の電力使用量にもよるけど、大手電力会社と比べると最大で年間62,753円も節約できるわよ。
「使った分だけプラン」は、文字通り、使った分だけの料金が発生するプラン。基本料金はゼロよ。共働きの家とか単身者とか、日中にあまり人がいない家に向いてるプランね。学校・バイト・サークルに熱心な一人暮らしの学生さんにも、このプランが合ってるんじゃないかしら?ちなみに大手電力会社と比べると、年間で最大16,831円も電気代が節約できるわよ。

ピタでんの料金プラン

500kWhを超えないものの、その数字に近い水準を利用するケースが多い家庭であれば、ピタでんの料金プランはまさに「ベストマッチ」と考えて良いわね。

基本的にシンプルな価格提供となっているから、数多くのプランがあるので何を選べば良いのか分からない人、選択肢によっては損をすることになってしまうのではないかという懸念を持っている人も、ピタでんであれば自分にマッチしたプランを選べそうね。一般的には多くの電力を使うファミリー等は使い放題、単身者など電力消費が少ない世帯は従量制の方が得になるとされているわ。

ピタでんの口コミ

ピタでんの会社情報


ENEOSでんき

一般家庭用として用意されているのはVプラン。
大きな特徴は、なんといってもガソリンスタンドを経営しているENEOSによるサービスだということよ。
ENEOSカードで電気料金を支払えばガソリン代などがお得になるのは見逃せないわね。

ENEOSでんきの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 14,697円/年間

ENEOSでんきは、一般家庭向けのプランと事業者向けのプランの2種類を用意しているわ。一般家庭向けのプランが「Vプラン」よ。
「Vプラン」の特徴を簡単に言えば、電気の使用量が多ければ多いほどお得になる、というもの。大手電力会社の年間電気代と比べた場合、たとえば一人暮らしなら2,310円、2~3人家族なら5,470円、4人家族なら10,210円、5人家族なら15,570円がお得になる、ってシミュレーションよ。
ほかの一部の電力会社と違って、携帯とかケーブルテレビとかの抱き合わせ販売じゃないので、気軽に申し込みできそうね。ついでに、契約者がENEOSでガソリンを入れると、1リットルあたり1円引きになるサービスもあるそう。ドライバーには嬉しい特典ね。
ちなみに「Vプラン」の電気供給エリアは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)のみ。それ以外の地域の方は、残念だけど別の電力会社を探してみてね。

ENEOSでんきの料金プラン

大手ガソリンスタンド業者としても知られている、ENEOSの電気供給部門がENEOSでんきよ。基本的に管轄の料金とよりも低水準での提供となっているけど、付加価値こそENEOSでんきの魅力ね。支払い方法によってはポイントがアップするものもあるの。電気料金をお得にと考えている人はもちろんだけど、自分自身のライフスタイルとENEOSでんきのお得になるポイントが合致している人にとって、より魅力的な業者と考えて良いかもしれないわね。

ENEOSでんきの電気料金は基本料金+従量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金ね。従量料金に関しては120kWhまであれば東京電力と同じだけど、300kWhまであれば24.54円、それ以上となると26.22円といずれも東京電力よりも低水準となっているわ。電気料金を含め、利用方法によっては様々な面でお得になるわね。

ENEOSでんきの口コミ

ENEOSでんきの会社情報

エルピオでんき

格安でなおかつシンプルな心電力を探している人に向いているの。特に人気なのが「エルピオでんきの夜プラン」よ。
深夜から朝にかけての時間帯に多くの電力を使用する人は、エルピオでんきの夜プランを選択しておくと安く済むわ。

エルピオでんきの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 137,114円/年間

エルピオでんきは、利用者のライフスタイルや希望に合わせて、本当にたくさんのプランを用意している会社。ホームページで確認できるだけでも、「スタンダードプランS」「スタンダードプランライト30A」「プレミアムプランA」「低圧電力プランL」「深夜お得プラン」など、なんと11種類ものプランを用意してるわよ。
「ウチはどのプランが合ってるのかな?」って悩んじゃうところだけど、安心して。公式HPのシミュレーションに必要な数字を入力すれば、どのプランを契約すれば今よりいくら安くなるのか、ってことを自動計算してくれるわ。入力した数字次第では、今より高くなってしまう、なんて素直なシミュレーションも登場するわよ。
11種類のプランの中で特に注目したいのが「深夜お得プラン」。夜の11時から朝の6時までの電気代が、大手に比べて最大で31%も安くなるプランよ。夜型生活の人とか、シフトなどで生活サイクルが一定ではない人は、「深夜お得プラン」を利用すれば、かなり電気代を節約できるんじゃないかしら?

エルピオでんきの料金プラン

エルピオでんきには、様々な料金プランが用意されているわ。まずはスタンダードプランSね。こちらは名前の通り、一般的なプランとなっているわ。40A、50A、60Aの契約は、それぞれ基本料金が1086.8円、1344.2円、1613.04円に設定されているの。120kWhまでは18.84円(60Aの場合18.65円)で、121kWhから300kWhまでは23.03円、301kWh以上では25.78円となっているわ。

スタンダードプランLは大家族向け、あるいは店舗向けとなっているの。契約容量が8kVh、10kVh、12kVhで設定されているわ。それぞれの契約費用に加えて120kWhまで18.69円、121kWhから300kWhまで23.3円、301kWh以降は25.78円の従量制よ。

プレミアムプランは定額制で、30A、40A、50A、60Aごとにプランが用意されているわ。それぞれ400kWh、あるいは500kWhまでの定額制で、契約したkWhを超えると従量制となるわよ。

エルピオでんきの口コミ

エルピオでんきの会社情報

サニックスでんき

電力の消費量が多ければ多いほどお得になるプランがサニックスでんきの大きな特徴のひとつといえるわね。家族の数が多かったり、在宅で仕事をすることが多いという人、それから、ペットを飼っていて、夏場や冬場の日中は、冷暖房をつけっぱなしにしておくという人には、とくにおすすめよ。自社所有の太陽光発電所や、廃プラスチックリサイクル発電所からも電力を供給しているから、より環境に優しいエネルギーを選ぶことができるというのも、サニックスでんきの大きな魅力のひとつね。

サニックスでんきの1年間の電気料金

40A/500kWh以上の電気料金 153,397円/年間

サニックスでんきの料金プランは、シンプルでわかりやすいのが特徴ね。従量料金の変動が使用電力量に関わらず変わらず、くわえて、10Aから40Aにかけての基本料金も据え置きだから、基本的には、電気をたくさん使う人であればあるほどメリットがあるといえるわね。そのかわり、電力をあまり使わないという人、例えば、一人暮らしをしている人や、日中はほとんど家にいることがないといった人は、メリットを感じるのが難しいかもしれないわね。ちなみに、公式HPには、電気代シミュレーションも用意されているわ。サニックスでんきを選んだ場合、どれくらい電気代が変わってくるのか、数クリックで確認することができるわ。

サニックスでんきの料金プラン

サニックスでんきの料金プランは基本料金+従量金となっているわ。従量料金は1kWh/23.22円と一定よ。基本料金は10A~40Aで743.6円、50Aで929.5円、60Aで1,115.4円となっているの。

厳密にはこれらの料金に加えて燃料費調整額及び再エネ賦課金もかかるけど、こちらに関しては管轄電力会社である東京電力と同じ金額となっているわ。

サニックスでんきは全国展開している業者みたいだけど、どのエリアにおいても基本的に管轄電力会社よりも安い価格にて設定しているのがポイントよ。サニックスでんきの公式ホームページでの試算によると、杉並区の場合、ほぼ同じ条件において年間で17,059円安くなるとあるわ(一戸建てにお住まいの4人家族のご家庭で、東京電力の従量電灯B 50Aのご契約・4月に約400kWhをご利用の場合)。

サニックスでんきの口コミ

サニックスでんきの会社情報

@niftyでんき

大手インターネットプロバイダ、Niftyが提供する電力サービスよ。基本的にNiftyの会員向けのサービスではあるけれど、Nifty会員への入会は難しくないから、利用しようと思えば誰もが利用できる電力会社ね。分かりやすい料金プランに加えて、Niftyの利用料金との一元化やプロバイダらしいwebからの申し込み対応などが特徴よ。月々の支払い先を1つにまとめられるから、ややこしい支払いをせずに済むのがメリットね。@niftyの接続サービスを利用している人にとって、魅力的なサービスじゃないかしら。

東京電力のエリアだけじゃなくて、北海道電力や九州電力と幅広いエリアに対応しているのも魅力の1つね。もし引っ越しすることになった際も、継続して@niftyでんきを利用したいという時に便利じゃないかしら。ただ、一部エリアはサービス対象外になるみたいだから、その点は要注意ね。

@niftyでんきの料金プラン

@niftyでんきの料金プランは基本料金が30A、40A、50A、60Aの4種類が用意されていて、10Aにつき286.0円となっているわ。加えて従量制の料金が120kWhまで19.88円、120kWh以降、300kWhまで25.41円、300kWh以降は26.40円に設定されているの。

関東エリアCというプランもあるけど、こちらは1kVh単位で、かつ6kVhからとなっているから、一般家庭よりも主に店舗向けのプランといえるわね。もし店舗兼住宅という住まいであれば、関東エリアCを選ぶのもアリよ。契約するなら今の電気代とちゃんと比較して、お得になるかどうか判断したうえで相談したほうが良さそうね。

@niftyでんきの口コミ

@niftyでんきの会社情報

CDエナジーダイレクト

WEB会員サービス「カテエネ」の登録をすれば、毎月、電気料金に応じてカテエネポイントが貯まるわ。東京電力や東京ガスの一般プランより必ずお得になるの。プランもライフスタイルに合わせたメニューを取り揃えているのが魅力ね。また、都市ガスを使っている人は、でんきとのセット割があるわよ。

CDエナジーダイレクトの1年間の電気料金

CDエナジーダイレクトは、ひとりひとりのライフスタイルに合わせたプランを用意しているの。東京電力や東京ガスの一般プランより、品質や信頼性を確保したまま料金がお得になるとアピールしているわ。基本的に電気料金は使用すればするほど高くなるのは当然よね。

CDエナジーダイレクトは利用者のライフプランに合わせたプランを用意しているの。だから通常よりお得になるってわけ。たとえば電気を多く使用する大家族だと一般家庭向けのプランが同じなら、やっぱりお財布に厳しいわ。そのような点を考慮に入れて、バラエティ豊かなプランを用意しているのがCDエナジーダイレクトなの。

CDエナジーダイレクトの料金プラン

料金プランの一例を出すわね。東京電力や東京ガスを基準にして比べると、たとえば5人家族+ペットがいるご家庭で500kWh以上/月電気を使うなら、年に17,200円お得になる計算になるわ。逆にシングルの方は使用量関係なく電気料金から1,200円割引になるの。他にもゲーム電気やアマゾンプライム付きのエンタメ電気を用意しているわ。

CDエナジーダイレクトの会社情報

関東の電力会社比較を見る

東京の電力事情

東京の電力事情としておさえておきたいのは、他の地域に比べるとさまざまな新電力会社が積極的に参入しているということ。

しかも、電力自由化が始まってから比較的早い段階で他社の参入があったことにより、早くからサービスを提供していた会社はそれなりの実績を積んでいるわ。

選択肢が多いのも東京で新電力会社を選ぶ魅力の一つね。ちなみに、2016年度の東京都の最終電力エネルギー消費は90752(10^6kwh)となっているわ。

このうち、 企業・事業所他の利用は64913(10^6kwh)、家庭での利用は25838(10^6kwh)。全国的にみてみると、産業部門と家庭部門、業務他といったものをそれぞれ比べてみると日本でもトップクラスの電力消費量となっているの。

当然ながら、電力の消費量が多ければ多いほど安い電力会社と高い電力会社では料金の差が大きくなってくるわよね。

東京都でできるだけ電気料金を安く済ませたいと思っているのなら、格安の新電力会社を選択する重要性が見えてくるんじゃないかしら。世帯・生活スタイルに合わせたところに加入していると損をしてしまうから注意してね。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

東京の電力お得情報

東京でより効果的に電力にかかる費用を抑えたいと思っているのなら、他のサービスとのセット割引を利用してみるのも効果的なの。

他にも、料金がお得になるキャンペーンを行なっているところがあるわ。例えば、ENEOSでんきでは3月11日まで基本料金が3ヶ月無料になるキャンペーンを行なっているし、エルピオでんきでは4月30日までキャッシュバックが受けられるの。うまく活用してみましょう。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?