切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 山梨のおすすめ電力会社

山梨のおすすめ電力会社

山梨で利用できる電力会社

東京都の西側に位置する山梨県は富士山をはじめとして多くの山にかこまれているだけでなく、富士川や釜無川など大きな川もある県ね。こうした地域性から水力発電所が18箇所と再生可能エネルギーが多くあるのも特徴よ。

東京電力のエリアに該当して、電力のHz数が異なっているのがちょうど山梨県と静岡や長野県の県境で、山梨県は基本的に50Hzエリアよ。

そんな山梨県で乗り換えるとお得になる新電力会社を紹介するわ。

サニックスでんき

なんらかのサービスがセットになる電力会社ではないので誰でも申し込めるわ。ポイントなどがない分、電気代に反映されているから人を選ばず安くなる傾向にあるのよ。目安として、4人家族の一般的な利用の場合、東京電力と比較すると、年間約17,000円安くなるみたいね。

サニックスでんきの料金プラン

サニックスでんきで選べるプランは、サニックステラセーバーSとブルースファンクラブプランの2種類よ。プランが少ないから単純明快で迷う必要もないわね。

サニックステラセーバーSは1日の電力消費量が多いご家庭におすすめのプランよ。今契約しているプランよりもお得だから、電気代を気にせず使用できるわ。料金構造も単純で、基本料金と従量料金の組み合わせで決まるの。基本料金は契約アンペアごとに10~40Aは743.6円、50Aは929.5円、60Aは1,115.4円に区分されているわ。従量料金に関しては23.22円/1kWhと決められていてシンプルね。

ブルースファンクラブプランは、ラグビーチームの宗像サニックスブルースを応援している方におすすめよ。各電力会社の料金プランと比べて電気料金が5%お得になるし、ファンクラブの年会費まで無料になるの。すでにファンクラブに入っている方には年会費相当額のQUOカードのプレゼントがあるみたいね。

サニックスでんきの会社情報

青梅ガス

関東のガス会社だけど、新電力会社として電力供給もおこなっているの。自宅のガスが青梅ガスを使っている方はセット割が適用になるから料金がお得になるわ。

青梅ガスの料金プラン

青梅ガスは名前の通りガス会社だけど、電気のプランも扱っているわ。料金プランは3種類用意されているから、ライフスタイルに合わせて選べるわね。

OGプランBは最も契約者数が多いプランよ。電気料金は基本料金と従量料金の組み合わせで決められていて、契約の大きさは30~60Aの中から選べるわ。従量料金は2段階になっていて、340kWhまでは22.78円/1kWh、340kWhを超える分は26.68円/1kWhなの。

OGプランCは電力消費量の多いご家庭向きで、6kVAから50kVAまでの契約になっているわ。基本料金は1kVA単位で267.67円で、従量料金は340kWhまでは24.42円/1kWh、340kWhを超える分は27.20円/1kWhね。

青梅ガスはガスとセットで契約することでお得になる、ガスセット割引も用意されているわ。青梅ガスが提供する都市ガスまたはLPガスの契約とあわせて、OGプランBまたはOGプランCを契約すると、1.02円/1kWhの割引が受けられるのよ。

青梅ガスの会社情報

ENEOSでんき

新電力会社として提供されている会社のサービスを使っていなくても比較的利用料金が安くなるのがENEOSでんきよ。大体6〜8割ほどの金額になる家庭などもあって、電気利用料が多い方ほどお得になるわ。

ENEOSでんきの料金プラン

ENEOSでんきの料金プランは東京Vプランだけだから、いろいろと迷わなくて良いわね。東京Vプランの料金は基本料金、従量料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金の4つを組み合わせて決められているわ。これだけでもお得に電気を使えるのだけれど、オプションメニューの「2ねんとく割」に加入していればさらに割引を受けられるの。

ENEOSでんきはガソリン事業を行う会社なだけあって、ガソリン代の割引サービスもあるわ。電気料金のお支払いにENEOSカードまたはシナジーカードを指定すると、ガソリン代が1リットルごとに1円割引になるの。山梨ではマイカーをもっている方が多いから、ぜひ利用したいサービスね。

ENEOSでんきの会社情報

Looopでんき

Looopでんきは、基本料金と解約金が0円の電力会社なの。使った分の電気料金だけお支払いすればいいから、電気料金をしっかり節約できるわ。セット割引の種類が豊富なところも特徴のひとつね。

Looopでんきの料金プラン

Loopでんきでは一般家庭向けのおうちプランと、オール電化住宅向けのスマートタイムプランの2種類が用意されているわ。どちらのプランを選んでも、基本料金と解約金がずっと0円なのは大きなメリットね。

おうちプランは、一人暮らしからファミリーまでの方がお得に電気を利用できるプランよ。従来のプランと異なるのは基本料金がなくて従量料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金の3つを組み合わせて料金が決まるところね。東京電力エリアの山梨なら26.4円/1kwhで電気を利用できるわ。

スマートタイムプランはオール電化住宅にお住まいの方がお得に電気を利用できるプランなの。春・秋は昼間の料金単価が13.4円/1kWhと安いのが特徴よ。夜間の料金単価も15.4円/1kWhと安いから、夜間にお湯を溜めるオール電化住宅には最適ね。

Looopでんきではガスやソーラーパネルとのセット割引、EV対象車種の所有者に対する割引も用意されているわ。割引を併用すれば電気料金が最大32%もお得になるわね。

Looopでんきの会社情報

出光昭和シェルでんき

車をよく利用する方なら、出光昭和シェルでんきでガソリン代がお得になるわ。電力プランだけで申し込めるから、車が必要なエリアにお住まいの方だとお得に電気を利用できるのね。

出光昭和シェルでんきの料金プラン

出光昭和シェルでんきでは、暮らしのためのSプランと深夜にお得なオール電化プランの2つが用意されているわ。電気の利用状況やライフスタイルに合わせてプランを選択するのがいいわね。

Sプランは、基本料金と従量料金の第一段階が東京電力の従量電灯Bと同じ料金設定なの。でも第二・第三段階は東京電力よりも安く設定されているから、毎月の電気料金は安くなるわ。電気使用量が多いほど、割引額が大きくなるのがポイントね。

オール電化プランは東京電力のスマートライフS/Lと従量料金の設定金額は同じよ。基本料金は東京電力が2,860.00円に対して、シェルでは2,750.00円と安いのが特徴なの。

Sプラン、オール電化プランともにカーオプションを選択すると、1ヶ月に100Lまでのガソリン代が2円/1L割引されるわ。電気自動車の場合でも、電気代が毎月200円引きになるからお得ね。

出光昭和シェルでんきの会社情報

自然電力

自然電力は自然エネルギー発電所で発電事業を行っている電力会社。エネルギーで世界を変えるというモットーのもとに設立された会社なので、環境のことを考慮したい方におすすめの電力会社よ。自由化で光熱費の削減だけでなく、環境のことも考えたい方におすすめよ。

自然電力の料金プラン

自然電力は3つのプランから選択できるわ。SEデビュー、SE30、SE100と3つに分けられているけど、料金の違いというよりも、自然エネルギーの割合が異なっているのが特徴よ。

SEデビューなら使用電力量の3%分の実質的な自然エネルギーの供給、SE30は30%、SE100なら自然エネルギーの100%の供給と分けられているのが特徴ね。SEデビューとSE30なら東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの使用時と比較して、約82%の人がお得になると計算されているわ。

例えば1人暮らしで毎月平均200kWhの利用としても、年間で6,282円も安くなると計算されているわね。使用量が少なくても、お得になる人が多いのであれば、考えてみる価値がある電力会社といえそうだわ。

自然電力の会社情報

HTBエナジー

HTBエナジーは環境にやさしい電力提供を心掛けている電力会社よ。人と自然が共存できることをテーマに新電力を目指しているの。太陽光パネルを自宅に設置したり、バイオマス発電に取り組んだりしているわよ。シンプルな電気料金で安くしたいだけでなく、環境のことも考えておきたい方にぴったりだわ。

HTBエナジーの料金プラン

HTBエナジーは豊富な料金プランが設定されているから、使い方に合わせて料金プランの選択ができるのが特徴ね。ウルトラシリーズ、プライムシリーズ、ぜんぶでんきとどのような使い方をする方によって選択できるわよ。

例えば、30Aで契約しているならウルトラ30になるの。料金単価が最大で6%オフになるから、東京電力で30Aで契約をしていて、月々250kWh使用しているなら、初年度で3,972円もお得になる計算ね。ウルトラ30東京なら、基本料金が815.10円と東京電力の858円よりも安くなっているわよ。

もちろん従量料金も東京電力と比較して安くなっているから、電気の使用量が少なくてもお得になるのね。

50Aや60Aで契約している方なら、プライムシリーズがあるので、よりお得になるわ。使用量が多ければ多いほど、安くなるプランだから120kWh超過300kWhまで26.48円の東京電力に対して、プライム50・60は23.54円。料金の違いは明白ね。重量料金は23.54円/1kWhと固定されているからシンプルな方式よ。

もちろんオール電化向けの料金プランもあるから、使い方によって料金プランを選択できるわ。

HTBエナジーの会社情報

シン・エナジー

シン・エナジーは電力料金が安いことが特徴よ。基本プランでも大手電力会社よりも安い価格で提供しているから誰でも光熱費の削減に挑戦できるわね。電力会社の乗り換えをすべての人が検討できるのは嬉しいわ。

シン・エナジーの料金プラン

基本プランは電力使用量が少ない人向けのプランで、30Aの基本料金のお得率は10.4%。単身の方や夫婦で毎月200kWh使っていると仮定しても、年間で3,000円もお得になる計算になっているわね。従量料金は120kWh超過300kWhまでで24.78/kWhよ。これも東京電力のプランと比較して安くなっているから使えば使うほどお得ね。

【昼】生活フィットプランなら昼間に家にいることが多い方にお得になっているのが特徴よ。デイタイムの料金が安く設定されているから、昼間に家にいる方や在宅勤務で日中エアコンをつけることが多い方におすすめのプランよ。

ライフスタイルに合わせて料金プランを選択できるのは嬉しいわね。特に昼間の料金が安くなるのは、他の電力会社では選べないわね。

シン・エナジーの会社情報

関東の電力会社比較を見る

山梨の電力事情

山梨県は2050年ころまでに県内で使われる電力をすべて県内でつくる、完全な地産地消できる体制を目指しているの。

この目標を達成するために全体での電力消費を削減するために、エコ電力となる機器の設置や今後ゼロエネルギーの住宅を増やすなどの努力をしているわ。

2050年までの長期的な計画だから、1年間の2010年と比較して2020年には10%、2050年には20%と段階的に減らしていくという具体的な目標を設定しているわ。

実際にその2010年の電力消費量を見てみると、その努力が見えているわ。総消費量は6609(10^6kWh)、そのうち事業利用が4421(10^6kWh)で家庭利用が2188(10^6kWh)となっているの。そして2017年分は総消費量が6224(10^6kWh)、うち事業利用が4197(10^6kWh)で家庭利用は2027(10^6kWh)だから、実際に9%ほど削減できているのよ。

使用するエネルギーを減らすだけでなく、県内での水力発電や太陽光発電などの自然を利用したエネルギー生産にも力を入れているのよ。

東京電力と協力して電力ブランドをつくり利用先の事業者を募集するといったこともおこなわれているわ。

電気代もガス代も全国平均から比較すると少し安い設定となっているわ。とはいえ新電力会社に乗り換えることで安くなるので、特に暖房を電力で賄っている方は節約したいところね。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

山梨の電力お得情報

山梨で新電力会社に乗り換えるなら、電力提供している会社のサービスを普段利用しているものがあればその会社、そうでなければ東京電力よりも安い設定になっている電力会社を選ぶのがおすすめよ。

特に新電力会社はキャンペーンをおこなっているケースもあるので、その内容を見て決めるのもよいわね。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?