切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【関東地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 山梨のおすすめ電力会社

山梨のおすすめ電力会社

山梨で利用できる電力会社

東京都の西側に位置する山梨県は富士山をはじめとして多くの山にかこまれているだけでなく、富士川や釜無川など大きな川もある県ね。こうした地域性から水力発電所が18箇所と再生可能エネルギーが多くあるのも特徴よ。

東京電力のエリアに該当して、電力のHz数が異なっているのがちょうど山梨県と静岡や長野県の県境で、山梨県は基本的に50Hzエリアよ。

そんな山梨県で乗り換えるとお得になる新電力会社を紹介するわ。

サニックスでんき

なんらかのサービスがセットになる電力会社ではないので誰でも申し込めるわ。ポイントなどがない分、電気代に反映されているから人を選ばず安くなる傾向にあるのよ。目安として、4人家族の一般的な利用の場合、東京電力と比較すると、年間約17,000円安くなるみたいね。

青梅ガス

関東のガス会社だけど、新電力会社として電力供給もおこなっているの。自宅のガスが青梅ガスを使っている方はセット割が適用になるから料金がお得になるわ。

ENEOSでんき

新電力会社として提供されている会社のサービスを使っていなくても比較的利用料金が安くなるのがENEOSでんきよ。大体6〜8割ほどの金額になる家庭などもあって、電気利用料が多い方ほどお得になるわ。

関東の電力会社比較を見る

山梨の電力事情

山梨県は2050年ころまでに県内で使われる電力をすべて県内でつくる、完全な地産地消できる体制を目指しているの。

この目標を達成するために全体での電力消費を削減するために、エコ電力となる機器の設置や今後ゼロエネルギーの住宅を増やすなどの努力をしているわ。

2050年までの長期的な計画だから、1年間の2010年と比較して2020年には10%、2050年には20%と段階的に減らしていくという具体的な目標を設定しているわ。

実際にその2010年の電力消費量を見てみると、その努力が見えているわ。総消費量は6609(10^6kWh)、そのうち事業利用が4421(10^6kWh)で家庭利用が2188(10^6kWh)となっているの。そして2017年分は総消費量が6224(10^6kWh)、うち事業利用が4197(10^6kWh)で家庭利用は2027(10^6kWh)だから、実際に9%ほど削減できているのよ。

使用するエネルギーを減らすだけでなく、県内での水力発電や太陽光発電などの自然を利用したエネルギー生産にも力を入れているのよ。

東京電力と協力して電力ブランドをつくり利用先の事業者を募集するといったこともおこなわれているわ。

電気代もガス代も全国平均から比較すると少し安い設定となっているわ。とはいえ新電力会社に乗り換えることで安くなるので、特に暖房を電力で賄っている方は節約したいところね。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

山梨の電力お得情報

山梨で新電力会社に乗り換えるなら、電力提供している会社のサービスを普段利用しているものがあればその会社、そうでなければ東京電力よりも安い設定になっている電力会社を選ぶのがおすすめよ。

特に新電力会社はキャンペーンをおこなっているケースもあるので、その内容を見て決めるのもよいわね。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?