切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【九州地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 福岡県のおすすめ電力会社

福岡県のおすすめ電力会社

福岡県で利用できる電力会社

福岡県は九州電力の管轄ではあるけれど、さまざまな新電力会社が競争しているエリアでもあるの。九州電力を選ぶ大きな魅力と言えば、やはり安定性や信頼性の高さよね。

でも、柔軟な価格設定に応じてくれる新電力会社にもかなり注目が集まっていて、実際に本庁舎では新電力会社が選ばれているの。

まずは福岡県で電力会社の乗り換えを検討している人のためにおすすめの会社を3つご紹介するわね。気になるものをチェックしてみてはどうかしら。

サニックスでんき

創業が昭和50年ということもあり、実績の豊富な会社よ。福岡県福岡市が拠点だから福岡県で新電力会社を探している人にとっては見逃せないわね。

とにかく安さにこだわっているから、電気使用料が多くて電気代に悩んでいる人におすすめ。

サニックスでんきの料金プラン

全国で電力を提供しているサニックスでんきの料金構造は、基本料金と従量料金の組み合わせよ。サニックステラセーバーSの基本料金は10A~40Aで572.0円、50Aで715.0円、60Aで858.0円となっているの。基本的に1年間の契約のクレジットカード払いで、解約を申し出ない限りは自動で更新されるから更新の手間がかからないのがメリットね。

ちなみに、燃料費調整額や再エネ賦課金に関しては広島の管轄電力会社と同料金の金額適用よ。それに、ラグビーファン向けのプランとしてブルースファンクラブプランも用意されているわ。プランそのものはサニックステラセーバーSと同じみたいだけど、クオカードが配布されるとあって実質的にお得なプランと考えて良いかもしれないわね。

サニックスでんきの公式ホームページ試算によると、4人家族一戸建て住まいのご家庭において九州電力の従量電灯B50Aだと年間で17,685円お得になるんですって。

でも、福岡県の小呂島には対応していないことに気を付けてね。基本的にサニックスでんきは福岡全域に対応しているけれど、小呂島にのみ対応していないの。残念だけど、対象エリアじゃない場合は他の電力会社のプランを探したほうが良さそうね。

サニックスでんきの会社情報

あしたでんき

あしたでんきは2017年にサービスを始めたばかりの新しい会社なの。新会社というと不安に感じるかもしれないけれど、実は東京電力の子会社。

利用料金も安く抑えることができるし、大手の会社の子会社なら安心して検討できるわね。

あしたでんきの料金プラン

あしたのでんきが用意しているプランは2種類よ。内容も単純明快で理解しやすいのが嬉しいところね。

標準プランは基本料金がかからない、23.00円の従量制よ。たっぷりプランは3,000円の基本料金がかかるけど、18.50円の従量制で利用できるわ。独り暮らしで電機の資料量が少ない人なら標準プラン、電気の消費量が大人数のファミリーならたっぷりプランの方が向いているわね。

同管轄である九州電力と比較してみると、基本料金0円のプランがないのがポイントね。従量価格も最安値こそ17.46円だけど、あしたでんきは120kWhまでなの。300kWh以上になると26.06円に料金が変わるから、使い方次第によってはよりお得に活用できるんじゃないかしら。

公式ホームページから料金シミュレーションもできるから、気になる人はまずどれだけかかるのかチェックしてみるのが良さそうね。それで今の電気代より安くなりそうなら、相談してみるのがおすすめね。

あしたでんきの会社情報

Looopでんき

電気代の設定がとてもわかりやすくてシンプル。それに、基本料金や解約金は0円となっているから万が一自分に合わないと思った時には気軽に解約が検討できるの。料金単価も一律となっているから、このあたりも魅力ね。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきが用意しているプランは、福岡の一般家庭向けだと基本料金0円+23.4円/kWhの従量制が利用できるわ。一種類だけだから、Looopでんきを利用したいときに基本となるおうちプランを受け入れるかどうか悩まず決めやすそうね。電気会社を選ぶ時、様々な選択肢の中からあれこれ選ぶのが苦手という人も、すぐに決められるんじゃないかしら。

現代は電機会社によって色んなプランがあるから、どれが自分にとってお得なのかを決めるだけでも苦労しそうよね。でも、プランがシンプルならそんな悩みとも無縁かもしれないわ。基本料金がかからないから、普段あまり電気を使わない人から割と電気を使うファミリーも利用できるわね。あるいは出張が多い時や在宅で仕事をする機会、様々な生活様式のビジネスマンまで。使い方次第で「自分に合った料金プラン」だと実感できそうね。

Looopでんきの会社情報

ENEOSでんき

ENEOSでんきの料金プラン

ENEOSでんきの福岡での料金体系は九州B/Cプランのどちらかを選べるわ。ひとり暮らしからファミリーまで、それぞれにマッチしたプランを見つけられそうね。

基本料金は10Aから60Aまで細かく用意されている点もポイントよ。10Aであれば、基本料金は297円とリーズナブルなの。基本的に九州電力より低水準となっていて、ENEOSでんきならではなサービスが用意されているとも解釈できそうね。その点ではENEOSでんきの特徴は、料金だけではなく付加価値にあると言えるかもしれないわ。

家庭の場合はBプランが良いけど、もし飲食店を経営している人ならCプランをほうも検討してみてちょうだい。他にも業務用エアコンや冷蔵庫を使う人向けのプランがあるから、職業によっては利用を考えてみるのも良さそうね。

ENEOSでんきの会社情報

ピタでん

ピタでんの料金プラン

沖縄、そして離島以外の全国エリアで業務を展開しているのがピタでんよ。新電力会社として、これまでの会社にはない使い放題プランを用意しているのが特徴ね。契約はwebから行えるのと、スマートメーターを取り付けるだけですぐにでもサービスができるスピード感も魅力ね。使い勝手の良さを感じられるかもしれないわ。2009年設立と、既に10年以上のノウハウを持っているのもポイントよ。

ピタでんの料金は使い放題と使った分から計算する2種類があるわ。使い放題は、料金に500kWhまでの使用料が含まれているの。500kWhを超えた分は従量制となるから、500kWhに収まる範囲で電力を使っているファミリーにとって、魅力的な料金プランと言えるわね。シンプルな料金体系だから、細かい比較が面倒という人にも、単純明快で分かりやすいプラン設定は魅力的に映るんじゃないかしら。

ピタでんの会社情報

九州の電力会社比較を見る

福岡県の電力事情

福岡県の電力事情について確認してみると、特徴的なのが全国的に見ても電気代がかなり安いということ。

これには、九州電力の管轄エリアであるということが関係しているの。

九州電力はとても電気料金が安いから、その影響が大きいわけね。新電力会社の中には更に柔軟な料金体制を用意しているところもあるから、うまくいけば更に安く抑えることもできるわ。

一方でガス代は全国平均から見ても高めになっているから、できるだけ電気代を抑えて光熱費が少なくなるように工夫してみてはどうかしら。

ちなみに、福岡県の2016年度の福岡の電力消費について確認してみると、最終エネルギー消費が35707(10^6kWh)、このうち企業・事業所他が25113(10^6kWh)、家庭用が10591(10^6kWh)ね。

福岡県は現在、再生可能エネルギーに関する取り組みに力を入れているのも特徴的よ。その中でも太陽光発電にはかなり力を入れていて、自然エネルギーの導入だけでなく、普及に関する活動も積極的に行なっているの。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

福岡県の電力お得情報

できるだけ電気代を抑えたいと考えた時に、新電力会社のプランも検討してみてね。タイミングによってはお得なキャンペーンを開催している電力会社もあるわ。

例えば、LooopでんきではAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを定期的に開催しているから、そういったものにあわせて検討してみるのも良いわね。

タイミングによって選択できるキャンペーンの内容は異なるから注意が必要よ。ガスのセット契約で安くなることも多いから、こちらも検討してみてはどうかしら。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?