切り替えてお得な新電力会社を調査 » 【東北地方版】あなたの街でおすすめな電力会社はここ! » 秋田のおすすめ電力会社

秋田のおすすめ電力会社

秋田で利用できる電力会社

東北地方のやや真ん中に位置する秋田県は、田沢湖や玉川温泉などの観光スポットが有名ね。他にも日本の酒造もあって消費量が多いのも特徴のひとつ。

そんな秋田で新電力会社を選ぶ際には東北電力エリアを探す必要があるけれど、年々対応している会社は増えているわ。

そのなかからおすすめの電力会社を紹介するから参考にしてね。

AIでんき

その名前のとおり使用状況に応じて一番適した電力供給の予測をAIがおこない、人件費の削減ができることからその分価格も安く設定できるという電力会社よ。従来の東北電力とは異なり基本料金がなく利用料金のみがかかるというのも大きな特徴ね。

昭和シェル石油

オール電化と通常プランの2種類が用意されているのが特徴の電力会社よ。特に秋田県なら自動車が生活の必需品という家庭も多いと思うけれど、ガソリン代や電気自動車の電気代が最大で200円匹になるというカーオプションが用意されているのも大きなメリットね。

楽天でんき

毎月の電気代に応じて楽天スーパーポイントが付与されるから、楽天ポイントや楽天edyを使っている方にぴったりな電力会社よ。支払うクレジットカードが楽天カードならポイント付与率がアップするわ。

サニックスでんき

電力の消費量が多ければ多いほどお得になるプランがサニックスでんきの大きな特徴のひとつといえるわね。家族の数が多かったり、在宅で仕事をすることが多いという人、それから、冬場に電気暖房を使うことが多いという人には、とくにおすすめよ。それから、シンプルでわかりやすい料金体系も、サニックスでんきのおすすめポイントね。

秋田の電力事情

秋田県は2018年時点で全都道府県のなかで3位に入るほど風力発電の設置数が多いのよ。元々設置数が多かったのもあるけれど、今後さらに力を入れていく発電分野のひとつになるわ。

他にも多くの再生可能エネルギーを増やすことを目標としていて、太陽光発電と水素エネルギーなどに力を入れているのよ。

特に太陽光発電は一般住宅への設置や、企業によるメガソーラーパネルの導入が進んでいるわね。

各都道府県のなかでは秋田県は電力使用量はそれほど多くはないの。2017年の総使用量は7627(10^6kWh)で、法人などで使った分が4978(10^6kWh)、一般家庭で使った分は2650(10^6kWh)となっているわ。

ただ電気代の設定は全国のなかで比較的高い傾向にあるから、安くなる新電力会社に乗り換えて節約するのがおすすめよ。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁:都道府県別エネルギー消費統計

秋田の電力お得情報

秋田を含む東北電力は電力自由化開始のすぐ後にはそれほど多くなかったものの、年々東北エリアに参入する会社が増えてきているわ。

昭和シェルや楽天のように日常的に使っている会社が電力を提供しているなら、その特典を狙うのがおすすめね。

今後もっと対応する電力会社が増えていくことも予想されるから、数年ごとに新しい会社が増えていないかチェックするのも大切よ。

特に加入時にキャンペーンをおこなっているケースもみられるから、そのタイミングを見逃さないことも重要ね。

    新電力会社に切替えて電気代は安くなるの? 新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?
新電力会社に切替えて電気代は安くなるの?